聖セシリア女子短期大学

大学案内学長メッセージ

幼児教育者は子どもたちに愛を伝える人

「神を愛するがゆえに他人をもわが身の如く愛する」

学長 安藤公子

このキリストの教えを具現化するために、初代学長・モニカ伊東静江先生は聖セシリアを創設しました。「人は何のために生き、学ぶのか」「真の幸せとは何か」自らのこうした問いの結果としてたどり着いたのが、カトリックの教えであり、愛の実践者になるための教育という道でした。本学幼児教育学科を目指す皆様も、子どもたちに愛を伝えたいという理想に燃えておられることでしょう。保育者への道は、温かな心と、子どもたち一人ひとりを真の幸福に導く使命感こそが何より大切であると言えます。聖セシリアで、幼児教育の専門的な知識や確かな技能の習得を図るとともに、豊かな愛の心を育み、よき保育者、よき社会人としての道を拓き、夢と理想を実現していただきたいと願っています。

学長 安藤公子