聖セシリア女子短期大学

大学案内アドミッション/ディプロマ・ポリシー

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学は、確かな専門性と豊かな人間性を身につけた保育者の養成を目指しています。これに基づき、次の様な方の入学を希望しています。

  1. 保育者になるという強い意志と情熱を持っている人
  2. 保育者を目指し、向上心を持って主体的に学習に取り組める人
  3. 専門的知識と技能を習得するための基礎学力を有する人
  4. 明朗快活で、他者とのかかわりを大切にできる人

【入学を希望する皆さんに期待すること】

入学を希望する皆さんに期待すること

  1. 日本語運用能力(読む・書く・話す力)の向上に努める

    ※「日本語検定」4級程度の力をつけておく

  2. ピアノなどの保育に活かせる技能習得に努める
  3. 子どもや子どもを取り巻く社会状況に興味・関心を持つ

教育方針

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学は、建学の精神をもとに、教育目標に示す確かな専門性と豊かな人間性を併せ持った保育者を養成します。この考えに基づく教育課程の学修により、所定の単位を修得し、次の能力を備えた者に卒業を認め、「短期大学士(幼児教育学)」の学位を授与します。

  1. 幼児教育・保育に関する専門的な知識と技能を備え、活用することができる
  2. 多様な人々と協働し、主体的に自分の力を発揮することができる
  3. 現代の教育・保育をめぐる状況に対して、学術的見解を示すことができる
  4. 社会に貢献しうる豊かな教養と広い視野を身につけている

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学は、学位授与の方針に示した確かな専門性と豊かな人間性を備えた保育者を養成するために、下記の教育課程を編成し、実施します。

<教育課程の編成と内容>
  1. 「基礎教育科目」、「専門教育科目」の双方により幼児教育・保育に関する知識と技能、社会に貢献しうる豊かな教養と広い視野を身につけるための教育課程を編成します。
  2. 2年間の各期に、「知る・気づく」、「主体的に取り組む・身につける」、「共に行う・力を発揮する」、「総括する・深める」の4つの目標を掲げ、達成できるよう科目を配置・実施します。
  3. 科目は、次の7つに分類し編成・実施します。
    1. 基礎力の向上に関する科目(「スタディスキルズ」、「国語」)
    2. 豊かな人間性の育成に関する科目(「キリスト教学」、「日本国憲法」等)
    3. 保育の本質・目的の理解に関する科目(「教育原理」、「保育原理」、「社会福祉」等)
    4. 保育の対象の理解に関する件(「発達心理学」、「乳幼児心理学」、「子どもの保健」等)
    5. 保育の内容・方法の理解に関する科目(「保育方法論」、「保育内容・健康」、「保育内容・表現」、「乳児保育」、「障害児保育」等)
    6. 保育の表現技術の向上に関する科目(「音楽」、「造形」、「体育」等)
    7. 実践力の修得に関する科目(「教育実習」、「保育実習」、「保育・教職実践演習(幼稚園)」等)
  4. 科目は、教育目標に示す「保育実践力」、「自己表現力」、「共生力」、「自己向上力」の育成を目指し実施します。
<教育方法>

主要な授業形態は、講義、演習、実習の3つの種類で構成されています。体験を重視した教育を実施し、1年次前期から子どもとかかわる授業を開設します。

<学修成果の評価>

学修評価は、本学が定めた評価基準に基づいた授業科目ごとの評価基準に則り、厳格に評価します。