ブログ

ブログ記事

聖書と私たち

クリスマスの集い2015

2015.12.17

「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」(ルカ2章10~12節)

12月16日(水)、今年のクリスマスの集いを開催しました。本学チャプレン、ウンベルト・カバリエレ神父様の司式によるミサにあずかり、ミサの中でキャンドルサービスを行いました。ミサ後の集いでは、本学卒業生の小山優子様(ルルドコーポレーション代表取締役社長)から贈られた、ドナテルロの聖セシリアの石膏レリーフが紹介されました。著名なメダル作家で、2013年に亡くなられた柿坪悟氏が制作されたものです。大変美しく貴重なものであるにもかかわらず、小山さんは、「自分の手元にあるよりも、一人でも多くの方に見ていただければ...」と、寄贈してくださいました。

プレゼントとは何でしょうか。それは、人への愛情、好意、尊敬、感謝を伝える手段。私たちは、物の価値ではなく、それをくださった方の思いを大切にしたいと思います。

ドナテルロ・聖セシリア (5).JPG

クリスマスミサ2015 (1).JPG クリスマスミサ2015 (2).JPG

スマートフォン版に切り替える