ブログ

ブログ記事

出来事 あれこれ

聖セシリアゆかりの画家 長谷川路可

2016.02.24

『鵠沼郷土資料展示室だより』をいただきました。聖セシリアの八角堂に収蔵されている、日本初のフレスコ画「聖母子像」を制作した長谷川路可画伯の展示会が紹介されています。「聖母子像」は、本学の創立者・伊東静江が私的聖堂として建設した旧・喜多見教会を飾りました。喜多見教会の閉鎖に伴い、東京大司教区から返還されました。下のファイルをクリックしてご覧ください。

鵠沼郷土資料展示室だより第36号(1).tif

鵠沼郷土資料展示室だより第36号(2).tif

鵠沼郷土資料展示室だより第36号(3).tif

長谷川路可・聖母子像.JPG

スマートフォン版に切り替える