ブログ

ブログ記事

セシリアの教育

幼稚園の園長先生から保育者のあり方についてご講演いただきました。

2017.01.06

1月5日、2年生が受講する保育・教職実践演習の授業では、江戸川区にある東一の江幼稚園の田澤里喜園長先生をお招きし、「次世代の保育者」についてご講演いただきました。「保護者は相談する相手も少なく孤立した状態で子育てしている場合が多い」、「SNSなどを通じ様々な情報にさらされ不安を感じやすい」といった現代の保護者を取りまく状況について、また、そのような時代であるからこそ「保護者と保育者との対話」が必要であること、などをお話いただきました。学生も真剣な表情で聞き入っていました。
セシリアでは、幼稚園や保育園の現職の先生方をお招きし、現場でのお話をお聞きする機会を授業に多く取り入れています。学生は様々な授業や演習を通して、保育の実践力を高めるために日々努力しています。保育現場で子どもや保護者から信頼される保育者になることができるよう、残りの学生生活も有意義にすごしてください。
教職外部講師2017年1月.png

スマートフォン版に切り替える