学科紹介

学生による授業紹介

子どもの遊び

学生写真

子どものときってこんなだったかも !? 子どもの目線から学ぶ

三代 果乃子(川崎北高等学校)

「懐かしい!」「遊んだことある!」といった手遊びや絵本、わらべ歌などの「遊び」を保育者と子どもの両方の立場から体験することができます。"子どもを楽しませるためにまずは自分が楽しむ..."保育者になる上で大切な気持ちを授業の実践を通して学びました。遊びの大切さや素晴らしさを心と身体を使って学ぶことのできる授業です。

乳児保育

学生写真

授業を通して 保育者への憧れがますます強くなる

松下 真歩(桜美林高等学校)

赤ちゃんの人形がたくさん置いてある乳児保育演習室で実際に人形を使い、乳児の抱き方やおむつ交換、沐浴や調乳の方法など、乳児保育の中で重要なことを演習しながら学ぶ授業です。0~2歳児の発達過程を理解し、保育者としての関わり方について学んでいきます。この授業を通して、より保育者への憧れが強くなりました。

体育

学生写真

子どもになりきって、運動遊び

金子 夏美(駒沢大学高等学校)

高校のようなスポーツを行うのではなく、保育者として体育をする上で大切な基礎を学びます。ただ体を動かすのではなく、子どもの能力に合わせた運動や手遊びを考えて行います。自分で体験し学ぶことにより理解を深めることができます。ミニ運動会や体操、音楽に合わせた縄跳びなどもあって、楽しい授業です。

音楽Ⅰ

学生写真

初心者でも大丈夫! しっかり基礎から学べる

工藤 ちはる(霧が丘高等学校)

ピアノのレッスンは学生2人に先生が1人。ピアノの基礎、課題曲、幼児歌曲の弾き歌いを学びます。少人数制なので、分からないところはすぐ先生に聞くことができ、初心者でも分かりやすく教えてもらえるので楽しく授業ができます。リトミックでは、音やリズムを身体や楽器を使って自由に表現し、想像力や表現力を育てます。思いっきり身体を使えるので楽しい授業です。

保育方法論

学生写真

子どもたちと直にふれあう時間

狩野 栞里(大和南高等学校)

学校に隣接するモニカ保育園で実習を行える授業です。5~6人のグループに分かれ、敷地内の様々な場所で子どもと触れ合います。実習後は子どもたちの様子や関わりの中での出来事などをグループ内で話し合い、情報を共有します。2週間に1度の授業ですが、保育者になるために必要で大切なセシリアならではの授業です。

造形

学生写真

感性を育てる、大切な遊び

稲葉 顕子(茅ヶ崎高等学校)

子どもの頃の気持ちを思い出しながらハサミやクレヨンを使って工作したり、保育で役立つものを作ったりします。造形活動は「表現する」という領域の中で、とても大切な活動のひとつになります。子どもたちが楽しく活動に取り組む上で、どのような造形遊びが楽しいか、その上で注意すべき点は何かなどを体験しながら学べる授業です。

キリスト教学

学生写真

思いやりの心を持つ、その大切さを学ぶ

明間 佳奈(綾瀬高等学校)

キリスト教学では、聖書を通してイエス様の「愛」について理解し、神父様からキリスト教の存在意義について学びます。また、聖歌を歌ったり、教会や聖堂に行ってミサに参加したり様々な体験ができます。それらを通して豊かな心を育み、思いやりの心を持つことの大切さを考えることができる授業です。

教育実習1-2年次

学生写真

同じ保育園で1年次と2年次に2週間ずつ実習を行ったため、反省を活かし、子どもの成...

今井 美遥(上溝南高等学校)

同じ保育園で1年次と2年次に2週間ずつ実習を行ったため、反省を活かし、子どもの成長を見ることができました。子どもの前で絵本の読み聞かせや手遊び、エプロンシアターを演じる等、とても貴重な経験もさせていただきました。子どもとの触れ合いが楽しく、保育者になりたいという思いがより強まった実習でした。

教育実習・1年次

学生写真

青木 美波(駒場学園高等学校)

1年次の9月に1週間の実習があり、幼稚園内での貴重な体験ができました。実習を行う園によりさまざまな行事があります。特に9月は運動会に向けての活動が大きく見られ、子どもと活発に活動するだけでなく、保育士の子どもに対する配慮も身近に見ることができます。これらの貴重な体験が実習を通して自分の糧となり、大きく成長できた実習になりました。

施設実習

学生写真

本木 七海(工学院大学付属高等学校)

2年次に知的障害児通所施設で2週間の実習を行いました。障害児は健常児と比べると、発達がゆっくりで対人関係が難しいと言われていますが、子どもたちそれぞれに違いがあり個性があると改めて感じました。そして、一人ひとりを尊重して関わることの大切さを学ぶ実習だったと思います。

教育実習・2年次

学生写真

原田 実乃莉(松が谷高等学校)

2年次の幼稚園実習は3週間あり、子どもたちの様子や幼稚園自体をより深く見ることができました。責任実習もあり不安も大きかったのですが、先生方のご指導や子どもたちからの様々な学びで大きく成長でき、保育者という仕事の魅力に改めて気づくことができた実習でした。

スマートフォン版に切り替える