学科紹介

教員紹介

大谷 純一(おおたに じゅんいち)
職名 学科長・教授
担当科目 音楽Ⅰ、音楽Ⅱ、保育内容・表現Ⅰ、保育内容・表現Ⅱ、保育方法論、保育研究ゼミナール
学位 芸術学士、児童学修士
専門分野 音楽教育、声楽
研究テーマ 保育学生の音楽能力を高めるリトミック教育の在り方と効果について 保育者としてのからだの養成におけるリトミック教育の価値について 子どもの創造的音楽活動について
研究業績
著書
  • 1.『うたっておどっておもちゃ箱PART2』 共著 教育芸術社 2006
  • 2.『リトミック実践の現在』共著 開成出版 2008
  • 3.『改訂 うたっておどっておもちゃ箱1・2』 編集委員 教育芸術社 2014
  • 4.『リトミック教育研究-理論と実践の調和を目指して-』 共著 開成出版 2015
論文
  • 1.「ヒルダ・M・シュスター博士によるリトミック指導の展開とその実例」 単著 『私学研修』第111・112号 1988
  • 2.「幼児の音楽活動における『C.オルフの音楽教育』のもつ意義 ―U.ユングマイヤーの授業事例を基に―」単著 『聖セシリア女子短期大学紀要』 第26号 2001
  • 3.「今日の幼児教育におけるリトミック教育に関する一考察」単著 『聖セシリア女子短期大学紀要』第31号 2006
  • 4 .「保育者としての『表現できる「からだ」』の養成におけるリトミック教育の可能性―保育学生の気づきと学びを手がかりに―』 単著 『聖セシリア女子短期大学紀要』第38号 2013
  • 5.「保育学生の音楽能力育成に関する研究-2年間の音楽学習における習得状況と課題」『聖セシリア女子短期大学紀要』第40号 2015
学会発表
  • 《口頭発表》
  • 1. 「今日の保育者養成校における音楽教育に関する一考察―幼稚園側の要望を手がかりに―」 共同 日本保育学会第57回大会 2004
  • 2. 「保育者の専門性としての『からだ』の養成におけるリトミック教育の可能性(2)―「意図することを表現できる『からだ』」に的を絞って―」 個人 日本ダルクローズ音楽教育学会第12回研究大会 2012
演奏活動
  • 1.佐野前光作詞・宮城道雄作曲「交声曲『日蓮』」 独唱者 銀座ガスホール及び安田生命ホール 1993
所属学会 日本ダルクローズ音楽教育学会、全日本リトミック音楽教育研究会、日本保育学会、日本音楽教育学会、二期会、日本オルフ音楽教育研究会、日本ジャック=ダルクローズ協会(F.I.E.R.日本支部)、幼児音楽研究会
社会的活動
  • 日本ダルクローズ音楽教育学会常任理事(1995~現在)
  • 全日本リトミック音楽教育研究会神奈川支部長(2002~現在)
  • 全日本リトミック音楽教育研究会常任理事(2007~現在)
  • 全日本リトミック音楽教育研究会副会長(2008~現在)

(2016年4月1日現在)

スマートフォン版に切り替える