お知らせ

お知らせ

セシリアの教育

フレッシャーズ・セミナーを開催しました。

2016.04.12

「フレッシャーズ・セミナー」は、新入生が短大生活を理解し、目標をもって学習に取り組む事ができるよう、毎年春に行われています。

まず、伊東学長先生より、聖セシリアの歴史や「信じ、希望し、愛深く」という学園のモットーについてのお話があり、「新入生もがんばって立派な保育者となり、地域に貢献してほしい」という励ましの言葉をいただきました。

続いて、大谷学科長先生は「あなたはどんな人になりたいですか、どんな保育者になりたいですか、」と問いかけ、学生はひとりひとり、これからの生き方目標について考えました。そして、「蝋燭(ろうそく)のように生きてほしい」つまり、「自分の身を犠牲にしてでも周囲の人に尽くし、周囲の人があたたかく、明るくすごすことができるような生き方をしてほしい」という言葉が大谷先生から新入生に贈られました。

フレセミ2016伊東先生.png  ろうそくのように.jpg

伊東学長「良い保育者になって。」    大谷学科長「蝋燭(ろうそく)のように生きて。」

また、卒業生から、認定子ども園・保育園・児童養護施設での勤務について説明あり、新入生は卒業後の職業を具体的にイメージしました。卒業生からの「セシリアでの人との出会いが財産です。みなさんも友達をたくさん作り、色々なことに挑戦して!」という励ましは、新入生の胸にも響いたようでした。

その後、新入生は、グループに分かれてお互いに自己紹介し、先輩である2年生の助言を受けながら、これからの生活についてディスカッションし、「良い保育者になれるよう一緒にがんばりましょう!」と決意を新たにしました。

夕食は、洋風オードブルの立食パーティー。親睦を深めました。

みんなで手遊び.jpg       パネルディスカッション.jpg  
卒業生の講演。みんなで手遊び!保育者の大切なスキルです。  パネルディスカッション。日頃の保育実践について。  

これから、本格的に授業が始まります。新入生の皆さん!がんばってください!

前の記事:「入学式を挙行しました。おめでとう!50期生!」

次の記事:「保護者説明会を開催しました。」

一覧に戻る

スマートフォン版に切り替える