学科紹介

授業紹介

保育の実践に欠かせない専門的知識を学ぶ

保育方法論

保育士や幼稚園教諭には、子どもと生活を共にし、地域や親と共に保育を行う「実践者」としての力量が求められ、「実践研究」こそが保育方法の改善に必要になってきました。もちろん日本の保育を支えてきた先達者たちの中には、こうしたことを重視された方々がおられます。保育方法論は、本学と同じ敷地内にある併設のモニカ保育園の子どもたちと直接ふれあいながら展開される、まさにセシリアの環境ならではの授業です。

子どもの遊び

子どもの遊びを実際に体験することによって、保育者に必要な遊びの援助方法を具体的に学びます。わらべうた、あやとり、鬼遊びなどを通して、子どもにとっての「遊びの重要性」について理解を深めます。

保育内容・表現 I

保育者にとって大切な表現力を磨きます。また、生きる力となる豊かな感性、表現力、創造性など、子どもたちを育むために必要な知識や技術を身につけます。

児童文化

「季節の行事と遊び」を中心に、「絵本や紙芝居の読み語り、素話」、「詩や童話の創作」、「五感をゆさぶる遊び」などを体験し、保育者に必要な豊かな発想の芽を育てます。

教育実習・保育実習

保育者として必要な心構え、保育を実践する意欲や責任感を高めます。また、保育を実践するうえで必要となる基本的な資質や技能を総合的に身につけます。事前・事後指導も充実しています。

保育研究ゼミナール

1年次の学習や保育現場での実習体験に基づいて、学生自らがテーマを設定し、研究を行います。その成果を『保育研究論文要旨』としてまとめ、発表会を行うことによって、保育研究の課題設定や分析・調査の方法を学びます。

キリスト教学

カトリック精神に基づく豊かな心を育み、人間愛にあふれた保育者の養成を目的としてしている教科です。「聖書」を通してイエス・キリストの愛の教えについて理解を深め、現代社会におけるキリスト教の存在意義について学びます。

PC版に切り替える